2013年10月03日

学研と公文どっちがいいのか比べてみた

先ほど、公文の幼児ドリルを買ってきた話を書きましたが。
はい、じつはもう一冊、「ひらがな6歳」ドリルも買ってきましたー!じゃん。
そして、こちらは学研さんです。英語で書くとGakkenさんですね。
文が読めるようになったら、というのが対象のものです。6歳の幼児ドリルなので、あいうえお、の文字が読める、からステップアップして、文章が読める、ということですね。あ、しまった、うちの子まだ文よめないかも。。。まあ、気を取り直して、ひらがな6歳ドリルでは、かなづかい(わとはなど)を含め、ひらがなを総合的におけいこしましょう、ということのようです。

この学研のひらがなドリルには、表紙に、多胡 輝先生の頭脳開発(NEW)と表記されています。
多胡輝先生ってだれ〜?と思ったら、はい、表紙をめくるとすぐ裏に書いてありましたから、紹介しますね。

えーと、多胡輝先生とは、千葉大学名誉教授だそうです。
なんでも、超ベストセラーの「頭の体操」シリーズは、総計1000万部を超えるそうで。
鋭い心理分析と斬新なアイディアは各界から定評があるそうです。
そんな多胡先生からこの幼児ドリルについての説明がありますよ。

「この本は、幼児の遊びや生活の中で学ぶことばを基本にしています。楽しくおけいこをしていくうちに、お子様のひらがなの能力がぐんぐんついていきます。」

とのことです。
また、この本のねらいと構成については、こう書かれています。

1、6歳児は、基本的な書事能力の技能を確立する時期

2、一年生になったら大切な、かなづかいをおけいこします

一年生になる準備として、今幼稚園では、なまえを自分で書くというのを教えてくれていますが、
そうかあ、もう6歳となると、ここまでのレベルが要求されるんですね、かあさんちょっとあせりました。
今回は、くもんと学研、うまく比べることができませんでしたが、みなさんはどう思っていますか?
またの機会によく考えてみたいと思います。





日記・雑談(主婦) ブログランキングへ
posted by GREEN at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公文の幼児ドリル「やさしいかみこうさく」で手先の運動能力を高める

うちの子6歳男子は、4歳くらいから、幼稚園で折り紙、工作などが好きです。
家でもよく折り紙していましたが、男の子だからか?一枚の折り紙で時間をかけて作品を完成させるよりも、
大ざっぱにどどーんと作品を作って、はいもう次の作品へと取り掛かる、よって折り紙の大量消費!
どんどん折り紙が無くなる〜ひえ〜!!
ということで、はい、折り紙が無くなると、チラシや画用紙で作品を作るようになりました。
他に使うのがセロテープ。はさみも使いたがる。

そんなこんなで、今回、本屋さんで公文の「やさしいかみこうさく」の幼児ドリルを買ってきました。
年齢のめやすは、4,5,6歳って書いてある。はさみやのりをじょうずに使えるようになってきたお子様に、か。この紙工作の公文の幼児ドリルによると、「切る」「折る」「はる」の作業を通して、手先の運動能力を高める効果があるとか。なるほど。ではぜひぜひ、わが子にやってもらいましょう。


公文の幼児ドリルの良い点4つ

1、幼児の基本的な能力を高めるために「書く」作業をたいせつにしている

2、なだらかなステップで、無理なく学習を進めることができる

3、反復練習の徹底により、内容の習得を確かなものにする

4、子ども達の検証から生まれた


ふーん、なるほど、確かに最近の遊びは、気をつけないとゲームやテレビなど目で見る情報ばかりになっていて、鉛筆を持ったりすることが少ないです。運筆力を身につけないと、将来きれいな字を書けないですもんね。

公文式のなだらかなステップでわからない、つまづきをなくす、ってことと、反復練習で力をつける、ってことは理解できるし、共感できる。でもその反面で、できる、理解力がある子どもは飽きてしまう、ってことがあるよね。大人だって、同じことの繰り返し、マンネリは嫌いだし。いかに新鮮な気持ちで毎回取り組ませるか、は、接している大人への課題ということでしょうかね。

posted by GREEN at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ブランド今治タオル 5重ガーゼケット家族全員で使ってみた感想!!

今治タオルの高いクオリティ基準を満たした5重のガーゼケット。
お店や楽天、通販カタログでもよく見かけるようになっていて、気になっていたので購入してみました。

我が家では、夫も子どもも綿の肌触りが好きで、寝具も綿がいいとリクエスト。アトピーなどにもやさしいだろうと思って、特に今治品質に期待していました。また、あの今治タオルのブランドマークとロゴ、赤と青のトリコロールで可愛くないですか?ちょっとおしゃれなのも、気に入って購入に至った理由です。
毎日、寝具を整える際に、あのロゴマークのタグがチラッと見えるだけで、癒されちゃいますから。単純ですけど、主婦は家事のモチベーション上げることが大切ですからね!

さて、肝心の今治産5重ガーゼケットですが、こちらは私はベルメゾンで購入しました。
私が買ったのはシングルサイズ(140×190cm)で3990円でした。

サイズは他にもハーフサイズ(100×140cm)もあります。値段は2990円。こちらは、お昼寝やひざ掛けに使い勝手がいいですね。

色は無地が4色とボーダー柄が2色あります。私は、無難なブラウンにしましたが、最後まで迷ったのがグリーンです。寝室にはいやしのグリーンが合うかなあと。。。

使ってみての感想は、もう大満足。一度洗ってから使用したのですが、ふわふわでやわらかーい!
どうやら空気を繊細に含んでくれるので、もう極上のふんわり感なんですよー。

その後、何回か洗ったわけですが、今でもとっても肌触りが良く、うちでは今年は冬でもこのガーゼケットの上に毛布や羽毛布団でと、季節を選ばずに一年中がんがん使う予定です。

ほんと買ってよかった!仕事に疲れたパパも、成長期の息子も、睡眠の質が上がって家族で大満足のガーゼケットです。次は、色違いも欲しくなってきてしまいました!(お昼寝用ハーフはボーダーがかわいいかな)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by GREEN at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする